セックスの前にさっとひと塗り!リドカインで早漏の俺が変われた

早漏改善のリドカイン

早漏の簡単解決法|早漏防止マニュアル
国内の医療関係者からはリドカやキシロとの名称で呼ばれる事のあるリドカインとは、世界でも最も良く知られ広く用いられる事の機会が多い局部麻酔の薬になり、抗不整脈剤として用いられる事もあり一部の神経の痛みや手あるいは足の痺れに対しても有効とされ本剤外用薬以外にも様々な剤形を持ちペンレステープという体に直接貼付ける外用薬も存在しまた化合物として少量の局部麻酔で持続的に効果を発揮させる為にアドレナリン等を混合した注射剤等もあります。
局部麻酔の作用としては最も強力なテトラカインには若干劣る部分があるものの、その変わりに毒性が弱く安全性も考慮した上で本剤の使用機会が一般的には多いとされ、場合により毒性の部分を考慮する事で本剤とテトラカインを混合して治療に用いる事もあります。
リドカインは1943年に誕生しその後5年後に販売が始まり、スウェーデンの化学者二人によって研究開発が行われたものになり、薬理としてはイオンチャネルの一つと考えられているナトリウムチャネルに本成分が作用し結合する事によりナトリウムイオンが透過する事を妨げる事により活動に必要な電位を不活化させてしまう事で神経の伝達を遮断する事ができ、痛みの原因物質は心拍に対しても関係を持つとされているので不整脈を改善する事が出来るとして抗不整脈剤として用いられる事もあります。また神経の伝達を遮断する効果は早漏改善に応用して早漏治療薬にも用いられ、陰茎の脆弱性が引き起こす過敏型PEである際には外用薬を直接陰茎に塗布する事により通常に比べ感覚を鈍くし鈍化させる事が出来るので、外部からの刺激に対して耐性を付ける事ができ、また膣挿入時に圧力に弱い際でも一定であれば耐える事が出来るので射精にかかる時間を遅滞させる事が可能になります。
早漏改善に対して用いる際の留意すべき点として多量の塗布は陰茎の感覚を失わせてしまう事に繋がり、反対に遅漏症になる事もあり女性の方へ成分が移行し一時的に感覚鈍くしてしまう事があるので使用後にコンドームの着用は忘れない様にして下さい。
現在では早漏治療薬としてリドカインは注目を集めており、クリームタイプ以外にもスプレーやコンドームの中に成分が配合された避妊具までも販売されております。早漏改善を目指す男性にとってこの早漏治療薬はなくてはならない存在とも言えます。