セックスの前にさっとひと塗り!リドカインで早漏の俺が変われた

局部麻酔で早漏防止

人は体のどこかをぶつけ傷を負ったり、事故等で損傷する事で損傷部位から痛みが信号となり発せられる様になり例えば足を擦りむくとそこから出血しズキズキと痛いという信号を神経を介して脳に発信し脳が受け取った際に痛みを認識する事ができ、足に限らず全身どこの箇所でも同じ働きを行います。
足を擦りむいた程度であれば耐えられない痛みではないので軽い処置をするだけでも問題ないですが、本人の耐えられない苦痛を伴う強烈な痛みは日常に影響する事もあり痛みを抑える処置を施さなければならず、メスを体に入れるなどの場合には全身に麻酔をかけ眠った状態にし痛みを感じない状態にしますが、虫歯治療等簡単な処置においても表面に麻酔をかける事でその周囲の神経を遮断する事で痛みを伴わず処置が行う事が出来る様になります。
それがリドカインと呼ばれる局所麻酔に分類される外用薬となり、広い分野の治療で用いられる登場の機会が多い薬になります。
リドカインとは、脳に痛みの信号が到達しない様に塗布した部位周囲の神経を遮断する作用を持つ為、信号が脳に到達する事を妨害しその結果として痛みを感じなくさせる効果を得る事が出来ます。
痛みの判断には信号すなわち電気信号であるNaイオンの働きを重要とし、細胞の外側と内側には電気が流れており、この物質は細胞の外側で多く存在し何も刺激を感じない状態では+の電気として働いており、痛みの信号を感じ取ると細胞内へと流入を始める為、-の働きをしている細胞内の電気が+に変換される様になりある時点で転換される様になります。
これを合図として、上記で説明した様な働きが起こり痛みを感じるので、この物質を送り込む為の物質であるNaチャネルを阻害する事で+の物質が細胞内へと取り込まれなくなるので痛みの信号を送る事が出来なくなり痛みを感じなくさせてくれるのがリドカインとなり、局所麻酔作用を持つ外用薬となります。
本剤は剤形が液剤やゼリー状のもの以外にも患部に直接噴霧するスプレーもあり、早漏の治療に応用して使われる事があり、早漏の中でも皮膚過敏により症状を起こしている方に有効とされています。